任意整理とはいったい何?

最近広告で目にすることが多いのが借金相談を募集している広告です。
そこには債務整理や任意整理、過払い金などの言葉が記載されている事が多く在ります。

 

債務整理と言うのは借金を整理する事を意味しており、任意整理とは債務整理の1つの方法になります。
また、過払い金は消費者金融やクレジットカード会社に対して支払い過ぎた利息のことを意味しています。

 

債務整理には任意整理、個人再生、自己破産、特定調停と言った方法が在りますが、任意整理だけは裁判所を利用する事無く借金問題を解決出来ると言った特徴を持ちます。

 

また、個人再生や自己破産と言うのは全ての借金を整理すると言う特徴が在り、お金を借りる際に連帯保証人を立てていると、連帯保証人に迷惑をかけてしまうケースが在ります。

 

これに対し、任意整理は債務整理を行う借金の種類を選べるため、連帯保証人を立てている借金は除外し、それ以外の借金を選択して債務整理が出来るなどのメリットが在ります。

 

カードローンの審査に落ちた方への処方箋〜諦めないで

任意整理のデメリットについて

任意整理には、持ち家や大切な資産を残すことができるメリットがあります。

 

しかし、メリットがあるものには、反対のデメリットも存在します。

 

借金の減額ができるのが、任意整理ですがそのデメリットはやはり自己破産と同じように金融機関での通称『ブラック』になることです。

 

個人信用情報には、マイナス評価が記載されその事実は通常で5年間は削除がされません。
クレジットカード会社や、ローン会社は審査をするときに必ずこの個人信用情報を照会します。

 

このときに、マイナス評価がある場合には審査を通過することはできません。
そのために、任意整理をした時点から全ての金融機関での審査は落ちることになります。

 

クレジットカードは、保有しなくても今は代替できるデビットカードがあります。
一番困るのが、普段の暮らしの中で高額の商品でもローンができないことです。

 

全ての商品が、現金一括払いになります。
これが最大のデメリットになります。

 

しかし、メリットを考えると任意整理はするべきです。